飼育方法


完全室内飼い

ベンガル猫は 見た目が 美しくゴージャスな上まだまだ希少である為 放し飼いにしてしまいますと連れ去られる可能性が高いと思われます。

外には危険が沢山あります。病気や怪我そしてノミなどから守る為にも完全室内飼いでお願い致します。

 

ワクチン接種

免疫の強化の為にもワクチン接種は必ず年に1回は受けるようにお願い致します。

母猫から貰った抗体がなくなる8週齢で1度目のワクチン接種をします。その後3~4週で2度目のワクチン接種をします。

次の年からは定期的に年に1度のワクチン接種お願い致します。

 

新しいお家と先住猫ちゃん

子猫は母猫や兄弟姉妹と離れ 不安でいっぱいです。環境の変化に慣れるまでに時間がかかります。焦らず少しずつ慣らしてあげて下さい。

先住猫ちゃんが居る場合も焦らず最初は違う部屋にするなどして少しずつ慣らすようにしてあげて下さい。

デリケートな子猫の中には当キャッテリーから新しいお家への移動する時のストレスや 新しい環境での緊張からウンチが少し緩くなったり 餌を食べなくなったりすることも御座います。1~3日で緊張がなくなって徐々に改善していくと思いますが飼い主様が少しでもおかしいと感じられた時には動物病院へ連れて行って下さい。

 

普段と違うと思ったら

猫は比較的病気になりにくいと言われていますが 雑種の猫より純血種の猫の方が比較的に弱いと言われています。

飼い主様が いつもと違うと感じた時は 直ぐに動物病院へ連れて行って下さい。

猫や犬は我慢強く飼い主様に悟られまいとする傾向にあります。そんな猫ちゃんのSOSに気づいてあげられるのは飼い主様だけです。手遅れにならないよう常に 猫ちゃんの様子を見てあげて下さい。

 

猫ちゃんには飼い主様しかいません。愛情と信頼を持って家族の一員として迎えてあげて下さい。


子猫を迎える前に用意する物

猫用フード

必ず猫の専用フードを与えて下さい。

人間の食べ物を与えますと 猫用フードを食べなくなります。猫の体にも良くありませんし病気などの原因にもなります。

ガルーの森では オリジン又はロイヤル カナンをそれぞれの子猫に合わせて与えております。おやつとして手作りフードを与えることもあります。

 

トイレ

いつも清潔な状態にしてあげて下さい。汚れていますと粗相の原因となります。一度粗相をしてしまうとニオイが残り そこをトイレと認識してしまいます。 そんな時は消臭スプレーなどで念入りにニオイを消すようにして下さい。

多頭飼いのお家では猫の頭数+1のトイレを用意していただくと粗相の原因も減らせ猫ちゃんのストレスも少ないようです。

ガルーの森ではシステムトイレを使用しています。

 

餌と水入れ

猫用が好ましいです。

形や材質によっては猫に合わない物もございます。

餌と水は いつも新鮮な状態にしてあげて下さい。

 

爪とぎ

爪とぎは色々な種類がありますが、安い物を定期的に替えてあげた方が衛生的にも良いと思います。

爪とぎが ありませんと 大切なソファー・カーペット・壁などを傷つけてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

爪切り

爪は伸びたら必ず切るようにして下さい。

切ることで 引っ掛かれによる怪我などを防ぐことが出来ます。

 

キャットタワー

猫は高い場所や上下運動が大好きです。

背の高いキャットタワーがあると楽しそうに遊んでくれると思います。